レーザー脱毛は痛くない

レーザー脱毛というと痛いというイメージがありますが、実際は脱毛における痛みはどの程度なのでしょうか。 脱毛では「毛の太さ」「毛の多さ」により痛みが変わってくるといわれています。レーザーは黒い色素に反応して光をあてていくため、毛が太いことによりあたる面積が広くなるということから痛みを感じやすいのです。 初期の段階では痛みを多少感じることがあるのですが、その痛みは軽くゴムでパチンと弾かれる程度の痛みが数回続くだけであり、我慢ができないほどの痛みは感じないと言われています。回数を重ねていくたび、毛の量は軽減し、毛の太さは徐々に細くなっていくことから痛みを感じにくくなってゆきます。施術の際にはレーザーの熱がすべて伝わらないようジェルを施術部位に塗布してから行います。 痛みが我慢できない場合には、レーザーの強さを変えることもできるため、我慢はせずに伝えることが大切です。強い痛みを我慢しすぎてしまうと施術が終わった際にも痛みが続き炎症や湿疹の原因となってしまいます。 脱毛後はしっかりとクールダウンをすることも重要であり、クールダウンをしっかりと行うことで施術後の痛みを感じにくくなります。 レーザー脱毛における痛みの感じ方は個人差があり、個人の体毛の状況により感じ方が異なります。